運用と保守

エクイスエナジーの運用・保守サービス(O&M)は運転効率を向上させ、発電休止時間を削減し、リスクを軽減し、競争力を高め、発電所の性能を最大化し、採算性を向上します。エクイスエナジーのO&Mサービスは、業界標準となるO&Mサービスだけでなく、報告からモニタリングに至るまで国内および地域を跨いだデータ分析とリスク軽減までカバーします。エクイスエナジーのO&Mサービスは地域特性と分野別にそれぞれ専門知識を活用し、また必須条件や課題を処理することによりパフォーマンスを最大化します。

エクイスエナジーは、競合他社に対して以下の点で差別化を図ります:

  • エクイスエナジーは各地域におけるローカルマネジメントスタッフの規模及びその経験において競合他社をしのいでいます。
  • 各地域のローカルマネジメントは正規雇用者であり、短期及び中期雇用者と比較して我々の資産に高い意欲を持って従事しています。
  • エクイスエナジーは現在全ての資産運用状況をベンガルールにある中央監視設備でモニタリングし、更に国ごとでも地方監視設備でモニタリングすることによって、資産の運用実績についていち早く情報を取得しています。エクイスエナジーのモニタリングチームはその地域の全資産に適用されうる重要なデータ分析も手掛けています。
  • エクイスエナジーは収益ロスが予見される状況において速やかにO&M問題を解決します。大多数の外部O&M業者は同様の解決策の提案に最低3日、場合によっては問題やスペアパーツの手配状況にもよりますが、更に時間を要し損害賠償が発生する場合もあります。
  • エクイスエナジーは国ごとにスペアパーツ在庫を集約しており、一括管理、及び規模の経済を活用したコスト削減を図ります。一方外部O&M業者は事業規模によりますが、各プロジェクトサイト毎にスペアパーツの在庫管理をしているケースが多いです。